HOME   »  テクノロジー
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自力電子辞書

本やコミックの背表紙を切り落とし、全ページをスキャナーで読み込んで自家製の電子書籍を作る人が増えている。新型情報端末iPad(アイパッド)など、電子書籍を読める機器の登場が追い風になり、裁断機やスキャナーの売り上げも伸びている。

 大阪府豊中市の会社員の男性(24)は6月から、持っている本や雑誌の「電子化」を始めた。背表紙を大型の裁断機で切り、バラバラになった本をスキャナーにセット。1冊数分で自動読み取りが完了し、PDF形式で保存する。「作業は予想以上に簡単」という。

 蔵書は増え続け、部屋を占拠してしまうのは時間の問題だった。裁断機とスキャナーで7万円近くかかったが、「出張時に何冊分もの本を持ち歩けるし、パソコンで処理すれば全文を検索でき、知りたいことが書かれているページにすぐたどり着ける」とメリットを挙げる。

 東京都の公認会計士磯崎哲也さん(48)も、自前の電子書籍をiPadに収めて持ち歩く。「実際に作業してみると楽で驚いた」。作り方をブログで紹介し、反響があったという。

 日本でも電子書籍端末は普及しつつあるが、出版社の電子書籍ビジネスへの本格的な進出は始まったばかり。電子化は著作権法上の「複製」にあたるが、個人的な読書など「私的使用」のためであれば問題ない。マンガ本などを電子化する人は前からいたが、端末の登場でより多くの人が興味を持ったとみられる。

 「自作に最適」と紹介されたスキャナーは、今春の販売数が前年同時期に比べて3割以上伸び、発売以来累計で100万台を売るヒット商品に。定価で5万円以上する裁断機も好調で、取り扱う文房具メーカーのプラス(本社・東京)は、「元々業務用だったが、電子書籍が注目され、個人の需要が増えた」。
問題も出てきた。東京の業者が4月に1冊100円で裁断、スキャンを代行するサービスを開始。別の複数の業者も代行業に参入した。

 代行の可否はネット上で論争になったが、「著作権法は私的使用する者自身が複製することを求めており、業者が営利目的でスキャンを代行することは違法」(神戸大大学院の島並良教授)といった見解が主流。日本書籍出版協会(東京都)は、「このまま営業を続けるならば何らかの対応を検討せざるを得ない」との立場だ。

 樋口清一事務局長は、自作の電子書籍について、「私的な利用なら仕方がない」としつつも、「コミックなどは電子化されれば、ネット上で違法に流通する恐れも出てくる」と心配する。

問題も出てきた。東京の業者が4月に1冊100円で裁断、スキャンを代行するサービスを開始。別の複数の業者も代行業に参入した。

 代行の可否はネット上で論争になったが、「著作権法は私的使用する者自身が複製することを求めており、業者が営利目的でスキャンを代行することは違法」(神戸大大学院の島並良教授)といった見解が主流。日本書籍出版協会(東京都)は、「このまま営業を続けるならば何らかの対応を検討せざるを得ない」との立場だ。

 樋口清一事務局長は、自作の電子書籍について、「私的な利用なら仕方がない」としつつも、「コミックなどは電子化されれば、ネット上で違法に流通する恐れも出てくる」と心配する。

問題も出てきた。東京の業者が4月に1冊100円で裁断、スキャンを代行するサービスを開始。別の複数の業者も代行業に参入した。

 代行の可否はネット上で論争になったが、「著作権法は私的使用する者自身が複製することを求めており、業者が営利目的でスキャンを代行することは違法」(神戸大大学院の島並良教授)といった見解が主流。日本書籍出版協会(東京都)は、「このまま営業を続けるならば何らかの対応を検討せざるを得ない」との立場だ。

 樋口清一事務局長は、自作の電子書籍について、「私的な利用なら仕方がない」としつつも、「コミックなどは電子化されれば、ネット上で違法に流通する恐れも出てくる」と心配する。
スポンサーサイト
現在進行中の アップル iPhone 4 プレスカンファレンスより。感度問題の報告を受けてから22日間全力で解明に取り組んだというジョブズが、9月30日までに iPhone 4 を購入した全ユーザーに無料でケースを配布することを発表しました。登壇したジョブズは感度問題は他社のスマートフォンでも発生すること、実際に影響を受けたユーザーは非常に少ないこと、3GSと比較して切断率はほとんど変わっていない(1%に及ばないほど悪化している) ことを述べたのち、「それでもすべてのユーザーに満足してほしいと願っている」ため、感度問題を改善できるケースの配布を決断したと語っています。

すでに純正バンパーを購入していた場合は全額返金。また純正バンパーだけでは生産が追いつかないため、いくつかのサードパーティー製ケースからオンラインで選択できるようにする対応も明らかにしました。

追記:バンパー無償配布は日本を含む米国外でも実施。「9月30日以降はどうなるのか?」については、期間限定無料キャンペーンにするつもりではなく、それまでに問題を「再評価」して対応を考えると答えています。また純正バンパー以外のサードパーティー製ケースをすでに購入していた場合は返金なし。
 米消費者情報誌「コンシューマー・リポート」は12日、米アップルが日本や米国で先月発売した新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)4」について、受信機能に問題があるとして「購入を推奨しない」と評価した。

 同誌の調査によると、本体側面の左下を指か手で触れると受信能力が落ち、電波の弱い地域では接続が途切れる可能性があるという。iPhone4は側面を覆う金属部分がアンテナになっている。

 アップルはこの問題について2日、「受信状況を実際より良く表示してしまうソフトに問題があった」として、受信状況を適切に表示する修正ソフトを近く無償配布すると発表した。しかし、受信機能そのものを改善するものではなく、同誌は、アップルの説明を「疑問視する」とした。

 同誌は解決策として、電気を流しにくいテープなどを左下部に張ることを提案。「ものすごくではないが効果はある」とし、「テープなしでうまく作動するiPhoneが欲しいなら、(1世代前の)『3GS』を推奨する」と結論づけた。

 同誌は消費者団体が発行。「中立」をうたって広告を載せず、支持する米消費者は多い。今年4月にはトヨタ自動車の高級車に対し、安全性の問題から「買うな」と呼びかけ、トヨタが即日販売中止する事態に発展した。
最新記事
いち押し!
おすすめ
おすすめ
検索フォーム
アクセスランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
DVDのベストセラー
DVDのベストセラー
おすすめ
おすすめ
月別アーカイブ

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
金融業者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。