HOME   »  2010年08月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は1日、米韓が日本海や黄海で断続的に合同軍事演習を計画していることについて「朝鮮の警告」と題する長文の論評を掲載、「侵略者米帝と一度は決着をつけねばならないと覚悟していた決戦の時が、軍事優先のわれわれの気概を行動で示す時が到来した」とけん制した。

 論評は「現在、朝鮮半島では緊張状態が激化し、戦争がいつ起きるか分からない危険な情勢となっている」とする金正日総書記の発言も引用、「通常兵器による全面戦争であれ、電子戦や核戦争であれ、われわれはあらゆる事態に備えている」と主張。さらに「戦争でわれわれが失うのは軍事境界線で、得るのは祖国統一だ」と指摘し「侵略者に安息の地はなく、壊滅的な打撃が待っていることを肝に銘じろ」と警告した。
スポンサーサイト
最新記事
いち押し!
おすすめ
おすすめ
検索フォーム
アクセスランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
DVDのベストセラー
DVDのベストセラー
おすすめ
おすすめ
月別アーカイブ

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
金融業者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。